忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「九蓮宝燈」

その昔、将棋そっちのけで麻雀に狂っていた時期があった。

その数年間、棋界の情報は一切把握してなく、指し将棋はおろか、
盤・駒も暗闇の中に眠らせたままの状態だった。反省。。。

当時は象牙の竹牌に興味があり、今思えば現在の将棋駒への感覚と同じで、
結局は「道具」に関心がいくあたり、勝負に一流足り得ない証拠である(笑)

周知の通り麻雀は将棋と違い、相手が3人である。
対局中には傍観者側にまわる立場もあり、その独特の駆け引きが大変に面白い。
一般に「二兎を追う者は、一兎も得ず」と言われるが、
麻雀の場合は、二兎も三兎も追いながら一兎を得るゲームである。
「運」を引き寄せる諸技術も、将棋にはない麻雀ならではの醍醐味ではないだろうか。

他流試合も数多く打ったが、仲間内で楽しむ麻雀ではよく悪さもした。
中でも、もっとも得意?としたのが「爆弾積み」と「ブッコ抜き」である。
よく「大三元」や「字一色」をあがっては、相手を翻弄したものだった。

その麻雀狂時代、筆者はある「役」をガチであがれば麻雀をやめるつもりだった。
それが写真の(純正)「九蓮宝燈」。まるで平箱に並んだ将棋駒の様?に美しい。
ちなみに「天和」も同様に言われる事が多いが、
筆者の場合、この役は既に「人工的」に何度かあがっている(笑)

当時の対局者の皆様、誠に申し訳ございませんでした。猛省。。。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ