忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「もたない男」

筆者は“キレイ好き”である。

先般の棋具はもちろん、自宅や庭、車の中まで、比較的キレイに整頓しているつもりである。

かと言って、何も“潔癖症”を自覚するものではない。

「小キレイ、小ザッパリ」を信条とするもので、単にモノを出しっ放しにしないという事だ。
「心身一如」という言葉のとおり、日頃から身辺をスッキリしておく事で、生活環境も整うものである。

その整理整頓の基本は、何と言ってもモノを捨てると言う事。

「そのうち使うかもしれない」なんて感情はタブー、「永久に使わない」と割り切る気持ちが大切。
「また買えばよい」という強い決断が肝心で、経験的にそんな事態に遭遇する事はごく稀である。

そんな筆者は、最近「もたない男」という本に出会う。

凄まじいまでの“モノを捨てたい”欲求、「断捨離」の世界。

自宅には異常と言えるほどモノが無く、まるで空き家かと思い違えるほどの生活環境。
その究極なまでの「断捨離」の世界を描いた、衝撃的なエッセイである。

思い返すに、筆者宅はキレイに整頓はされているものの、非常に“モノ”が多い事に気付く。
単純で、何事にも感銘を受けやすい筆者は、早速この「断捨離」の世界へと実践に入るのである。

とは言え、テレビや洗濯機・冷蔵庫など、一般的な生活必需品まで捨てる訳にはいかない。
いかに感銘を受けようと、これほどまで「モノをもたない世界」は決して真似出来るものではない。

結局、ゴミ袋にして7~8袋くらいのモノを捨てたが、捨てるが為に購入が必要になったモノもあり、
家具などの大物はどうしても残ってしまう為、あまり片付いた気がしない。

筆者宅を占める大きなモノと言えば、やはり棋具(将棋関係の書籍・飾物も含む)である。
これが無ければ、ハッキリ言って一部屋は空いてしまうだろう。

ところが、この愛着ある相棒たちを、それそうと簡単に処分してしまう訳にもいかない。

いつの日か、また生活環境が変わる日が来るかもしれない。
それまで、どうか筆者と共に将棋人生を歩んでいって頂きたい。

そして、筆者は今日も盤上に駒を舞わせるのである。

拍手[7回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

なんか捨てるものないかなぁ

この本、読みました。感想は、中崎タツヤさんは変わった人です。ちょっと「屁理屈」とゆうか。そこが彼の漫画のおもしろいところですが。あまり影響されないように(笑)。シンプル イズ ベストは見習うところがあります。
  • けいちゃん
  • 2012-08-27 00:32
  • Edit

けいちゃん さん

コメントありがとうございます。

筆者も十分「変わった人」です(笑)
きっと、我々だけが共感できる何かがあるのでしょう。

ところで、次回のブログにて重大発表?を行います。
あまり期待せずに、またお立ち寄り下さい。
  • 2012-08-27 01:06

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ