忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「マワシ」

今日から世間はシルバーウイーク5連休。
全国的に天気にも恵まれ、各所行楽地では大変な人出のと事。
景気回復の為にも、大きな事故の無い様、大いに賑わってほしいものである。

大相撲秋場所も今日から7日目、中盤戦である。

昨日、横綱白鵬に土がつく波乱!
今場所、磐石の仕上がりに思えた白鵬だったが、初顔で少し慎重になりすぎたか。
しかし、これは横綱相手に堂々の押し相撲で挑んだ、相手の翔天狼を賞賛すべきだろう。

ところで、関脇の琴奨菊は、毎場所マワシをかなりキツく締めて登場する。
それは「息が出来るのか?」「ソンキョ出来るのか?」と思わせるほど激しい締め方だ。
なんでも、相手にマワシを取らせない為の作戦との事である。

しかし、筆者はこの姿勢には否定的である。
力士は取り組み中、相手にマワシを与えさせないのも実力のひとつ。
両横綱をはじめ、大関琴光喜などは、そのへんの腰使いなどがじつにうまい。
例えマワシを取られても、腰で切ったり、巻き替えなどで無力化する事も技術である。

第一、ギッチギチにマワシを締めたその姿は、視覚的にも関心しない。
さらに、その窄(すぼ)んだ腰回りには、力士らしい堂々とした貫禄も感じられない。
もし、マワシの締め方に規定があり、すべての力士が同じ条件で対戦するなら、
おそらく琴奨菊には関脇の地位は家賃が高いだろう。

棋士でも、タイトル戦などでは和服が正装とされているが、
決まりがないからと言って、極端に変化させて相手の困惑を図る人はいない。
力士もそれらしい堂々としたマワシ姿で、「技術」を競って正々堂々と戦い、
観客を魅せつける勝負を繰り広げていってほしいものである。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

学生時代 柔道をやっていましたが 柔道着の袖を絞って相手に持たせないようにしている姑息な奴がいました。しかし そんな奴に強い柔道家はいませんでしたが・・・
の○ぴー 謝罪会見のリハーサルを4日もかけて練習したそうです。なんとも姑息ですな~誤ってるフリをしてるだけです
  • ごーぶー
  • 2009-09-19 20:22
  • Edit

ごーぶーさん

コメントありがとうございます。
柔道と言えば、元・柔道家の秋山成勲による「世界柔道」での道着クリーム塗布疑惑や、その後の「K-1」での身体へのオイル塗布騒動がありましたね。ただ、この場合は明らかなる不正ですが(笑)
のりピーの件、もはや当方はノーコメントです。
女優の涙は信用出来ません(笑)
  • 2009-09-19 20:58

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ