忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「羽生は潜む」

大激戦、ついに終止符!

第52期王位戦七番勝負最終局は、116手で羽生二冠が勝利し、5年振りに「王位」に復位!
同時に、歴史的な大偉人・大山康晴十五世名人に並ぶ、通算80期のタイトル獲得を達成された。

“新勢力”の活躍が目覚しい昨今の将棋界において、これは大変に興味ある結果である。
さらに広瀬王位の伝家の宝刀「四間穴熊」の撃破とあっては、その印象も一際大きなものと言えよう。

昨今の将棋界の新勢力筆頭と言えば「渡辺竜王」だが、広瀬王位は今やその竜王に次ぐ存在である。
その広瀬王位に羽生二冠が挑んだ今回の王位戦は、また違った意味での“新旧対決”を思わせる注目のカードだった。

正直、開幕前の筆者の予想は「広瀬王位防衛」だった。

これは、最近巷で話題になっているような「羽生二冠衰退説」という意味ではなく、
単純に「今の広瀬王位を倒せるのは渡辺竜王くらいではないか?」と感じていたからである。

「今回のシリーズで、これまでの(自分の)将棋では厳しいと感じた」

会見で羽生新王位が述べられた言葉だが、これはまさしく実感ではないだろうか。

事実、最近の羽生将棋は玉をしっかりと固める「負けない将棋」を意識されているような印象がある。
今回の最終局も“金銀4枚”の穴熊に“飛車香”まで引っ付く、まるで「要塞」のような堅さだった。

それにしても、まだまだ「羽生健在」を思い知らされた今回の王位戦。
これはいよいよ、現在進行中の渡辺竜王との「王座戦」も目が離せなくなった。

まだまだ「羽生」は、思わぬところに潜んでいるのである。

拍手[6回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

潜んでいますね!
お写真がユニークです。

上記イベント、ご興味がある方にご案内をお願いします。
  • 9/24大阪 羽生善治×山村龍和 特別対談イベント 先着70名
  • URL
  • 2011-09-14 02:32
  • Edit

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ