忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「上京物語10」

13時になり、いよいよ動き出した“アキバのホコ天”



出るわ出るわ、アチラコチラからウジャウジャと人波が車道に押し寄せてくる。

一体、ドコにこれだけの人間が潜んでいたのだろうか。
まさに大都会が故に生み出される、迫力の“人間パノラマ”に圧巻である。

しかし、その風景には微妙な違和感も。。。





路上でのパフォーマンスや商売を禁止する看板や、市民団体などによる街頭行進の姿が多く見られ、
所々に配置された警察官も多く、なにやら物々しい雰囲気が延々と漂っている。

これでは、本来の「ホコ天」の姿とは明らかに程遠い。
もっと人々が自由にくつろげてこそ、本当の「天国」なのではないか。

しかしながら、世の中には犯行を偉物化し、模倣しようと企む愚者が潜むことも事実である。

善良な市民にとっては全くもって迷惑千万だが、これも現世では致し方ない風潮と言えようか。
誠に悲しい話だが、以前のような「ホコ天」の完全な復活は、もはや有り得ないのかも知れない。


ところで筆者は、午前中に見付けられなかった「慰霊碑」をひたすら探し歩いていた。
しかし、ホコ天の運営本部があるだけで、どうもそれらしい設置は無いようである。



そして、事件のあった交差点に立ち、そこからそれらしい設置を探すべくキョロキョロしていたら、
近くにいた警官が、道路上でなにやら挙動のおかしい?筆者を睨み、明らかに不審がっている。

こんな純心な想いを持つ“男前”を見つけておいて、不審に感じるとは何たる無礼か!
これだから筆者は“ケーサツ”が嫌いである。

あんまりムカついたので、カメラを向けて“パシャッ”と一枚撮影してやった。



すると警官は、ますます不審に思ったのか、前にも増して筆者を凝視してくる。

「ちょうどいい、せっかくだから“コイツ”に慰霊碑の場所を訊いてやろう」

そう思った筆者は、自らその警官に近付いていった。

訊くと、その警官は単なる応援要員で、地元の人間ではないため詳細はわからないとの事。
まったく「使えないヤツ」である。しかしながら、遠方からの職務とは大変お疲れ様です。

筆者への疑いが無くなったその警官は、さっきと同じ姿勢で後ろ手に組み(エラソーにコノヤロー)
また別の方角へと警備の目を光らせ離れて行った。

後に訊くと、「慰霊碑」はホコ天再開イベント時に設置されたが、常備はされていないとの話。
筆者は心の中で、犠牲者への冥福を謹んでお祈りさせて頂きました。合掌。

それから、遅ればせながらの昼食へ。

「アキバ」と言えば「カレー」らしいので、その定跡に従う事に。





結果は「可も無く不可も無く」想像通りの味だったが、空腹だったのでまあ満足。
まさに「空腹は最大の調味料である」と言ったところだろうか。


さて、腹も満たしたところで、次なる2つ目の目的は。。。
これが非常に馬鹿馬鹿しいのだが、ついに次回は「上京物語 最終章」となります。

拍手[3回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

ブログ更新 お疲れ様です。今年も残り一ヶ月弱。暗いニュースばかりでしたね。震災のニュースで秋葉無差別殺人も忘れさられようとしてます。立ち止まって事件の事を考えるのも大事です。
※最近、私も写真を取りまくってます。主に有名人、著名人とのツーショット写真ですが。
  • ハートが不器用で出来ないオッサン
  • 2011-11-14 14:41
  • Edit

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ