忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「心身一如」

第81期棋聖戦五番勝負が開幕。

「81」とは、なんとも将棋と相性の良い数字である。
この「メモリアル」的な棋戦にて、羽生名人がタイトル獲得記録を伸ばすのか?
あるいは久保王将・棋王に次ぐ、深浦二冠王が誕生する事になるのか?

緒戦は羽生棋聖の完勝だったが、勝負はまだこれからである。

夏の「王位戦」では、ダブルタイトルマッチの可能性も残されているので、
併せて「十二番勝負」もまた、大いなる見どころと言えよう。

ところで、世間では「iPad」が大賑わいである。

ネットやメールはもちろん、電子ブックで本も読めると言う。
アプリも豊富で、将棋もタッチパネルで楽しめるとの事。
いやはや文明の進化とは、全く目まぐるしいものである。

しかし、古いアナログ体質である筆者は、あまり魅力的には感じていない。

筆者もよく本を読むが、外出時など文庫本をポケットなどに忍ばせて、
スグに広げてパッと素早く読み始められる手軽さには敵わない。
電池やバッテリーも不要で、その環境において如何様にもカタチを変えられ、
眠たくなったら、アイマスク代わりになる便利さも忘れてはならない(笑)

将棋でも、以前の記事で述べたが、実際に盤上に「指す」感触こそが魅力である。
駒の重さも味わえずに、重厚なる1手を指せるほど筆者の棋力は高くない(笑)
ちなみに筆者の駒を見る基準は、その駒で「将棋を指したくなる」かどうかである。

「心身一如」

盤の芳香や駒の質感を身体で感じると、棋士は自然と盤前に正座する。
その盤上にこそ、歴史に残る名棋譜は刻まれていくのではないだろうか。

拍手[8回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ