忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「升田幸三」

先日、NHKにて「あの人に会いたい 升田幸三」が放送された。
「新手一生」を身上とし、「一生創作」の姿勢を貫いた、
将棋界を代表すると言っても過言ではない、昭和の大棋士である。

冒頭での開口一番、「将棋は人生だ」と言う。
いかにもこの先生だからこそ、似合う言葉ではないだろうか。

放送の中で、特に印象に残ったのが「運」についての言及。

「『運』というものは、確かに大事です」
「成功者は、その運を生かしておりますね」

「それから『勘』ですね」
「あれは分析すると『甚だしい力』とあります」

「それで『技』がしっかりしてなきゃならん」
「いくら『勘』が良くても、技術が・・・」

「あとは『根』ですね」

「まあ、『運 勘 技 根』と、わたしは言っておるんですが」

升田先生は、論説においても大変に達弁である。
まさしく大天才たる所以の、含蓄あるお言葉であろう。

余談だが、個人的に関心を引いたのが、昭和27年・木村名人との王将戦の映像。
盛上げ駒が映るが、現代の大型化した駒とは異なり、薄く小振りな感じの駒である。
時代や作風からして「豊島(龍山)作」だと推測するが、どうだろうか?
筆者自身が薄い駒形が好みなので、あの低く、盤に貼りついた様な光景が、
いかにも「指す」に形容されるようで、大変に味の良い趣を感じた。

升田幸三 実力制第四代名人。
日常では、日に300本の煙草を吸い、平均3升の酒を飲むと言う。
将棋の実績では、巨人・大山康晴十五世名人には及ばなかったが、
以前の記事でも触れたように、理想主義は現実主義に敗れるものである。
しかし、その抜群の個性や人間味に、今なお根強いファンは多い。

1991年(平成3年)73歳没。
もう、こんな棋士は現れないかも知れない。

拍手[9回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ