忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「映画鑑賞」

最近、「ミリオンダラー・ベイビー」を観た。

イーストウッド監督は、「人間の不幸」の描写がハリウッド一上手い!
しかし筆者は、その独特の生々しく悲惨な描写がどうにも好きになれない。
「ミスティック・リバー」や「グラン・トリノ」も然り。。。

それから、必ず性根の腐った連中が登場するのも、ものすごくムカつく!
ある意味、ああいうキャラ連中の描写も上手いとも言えるが、
最後にくたばる訳でもないので、非常にスッキリしない気分になる。

本作は、イーストウッドとモーガン・フリーマンの両名優が出演していなかったら、
ただ悲惨なだけの超・暗い映画である。

筆者は、最近観た映画の中では、やっぱり「タイタンズを忘れない」が最高でした。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

「ミスティックリバー」、「ミリオンダラーベイビー」は暗いし鬱陶しいですな~金払って観てくれたお客さんが気分良くなれないです。
イーストウッド作品で好きなのを選ぶとすれば「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」でしょうか。その次ぐらいに「アルカトラズからの脱出」「ガントレット」「ハートブレイクリッヂ」「シークレットサービス」などです。一番嫌いなのは「マディソン郡の橋」イーストウッドの恋愛映画~がらにも無い。
  • 今日も競馬があたりました。
  • 2009-10-04 22:02
  • Edit

Re:無題

コメントありがとうございます。
「夕陽のガンマン」は名作ですね。「ダーティーハリー」も1~3までは名作と言えるでしょう。
あの独特のムカつくキャラ登場設定は、「ダーティーハリー」からの由来でしょうか?
最後にくたばればスッキリもしますが、主役が不幸なまま終わってしまいます。
「悪人、世にはばかる」ような結末では、後味も悪く、非常に不快な気分です。
仕方が無いので、将棋を指してスッキリすることにします(笑)
  • 2009-10-05 11:17

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ