忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「竜王戦 第四局!」

第二十三期竜王戦七番勝負第四局は、羽生名人の勝ち!

羽生名人にとっては絶対に負けられない一局だったが、怒涛の攻め将棋が炸裂!

終盤、渡辺竜王の巧みな受けにより切れ模様の展開になるも、
名人が最後までギリギリの攻めを繋ぎ、かじろうての辛勝となった。

それにしても、何が悪手だったのか素人には全く難解すぎる将棋である。

名人は「▲4六同角がよくなかった」、竜王は「途中の変化に不明点があった」と言う。
ちなみに筆者の封じ手予想は、「よくない」と言われた▲4六同角だった(笑)

ナニワトモアレ、これで七番勝負は格段に面白くなったと言えるだろう。

一般的には「星が追いついた名人の方が有利」という見解が多いのかも知れないが、
筆者としては「これで本当に互角になった」というのが率直な感想である。

これは、どうやら最終局までは楽しめそうな雰囲気である。
あらためての三番勝負、その棋界最高峰の名勝負を期待致します!


ところで今回の対局の舞台に登場した「将棋盤」

筆者の見立てに間違いなければ、これはおそらく宮崎県の銘盤店の作品ではないか。
写真判断だが、やや大振りな脚の造りが特徴的な素晴らしい盤のように映った。

盤脚の造りには職人各々の個性が表れるものだが、厚みや木味など重厚感のある盤には、
このように若干大振りな感じで、しかも少し潰れたような形が筆者の好みでもある。

写真は、その銘盤店の一作品。

現在、その盤屋には引退のため職人はおらず、今では貴重な作品と言えるかもしれない。
機会があれば、是非一度拝見させて頂きたいと感じたものである。

しかし、世紀の対決の最中で「盤」などに関心が及ぶとは、いささか不謹慎だったか。
まあ、こういう意味でも、やっぱり将棋は「狂気の世界」なんですね(笑)

拍手[19回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

名人の圧力

歩さん、楽しい記事をありがとうございます。見ただけで、どこの産の誰が作った盤かがわかるなんてスゴイですね!

ところで、この4局目も、先の3局も、竜王は名人の目に見えぬ迫力の前に、いつもの終盤の正確さを欠いているように思われます。
勝負の決着は、神のみぞ知るですが、羽生名人のこのタイトルにかける執念は尋常でないと肌身に感じました!!

Jiro
  • Jiro
  • 2010-11-27 03:00
  • Edit

Jiro さん

コメントありがとうございます。

いよいよ竜王戦も、その面白さを増してきましたね。

羽生名人の星が追いつき、あらためての三番勝負となりましたが、
個人的にはこれまでの内容的にも、まだ少し渡辺竜王の方が有利のような気がしています。
それほどまでに、竜王戦での渡辺先生は恐ろしい存在です。

いずれにしても、年内にあと三番楽しめるという事は非常に重要です。
是が非でも、最終局までの大熱戦を期待したいと思います。


  • 2010-11-27 21:38

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

最近の囲碁と将棋:竜王戦、囲碁・将棋ジャーナル

最近の囲碁・将棋関連で見聞きしたこと、思ったこと。
  • URL
  • 2010-11-28 15:41

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ