忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「善戦者不怒」

いよいよ大相撲九州場所が開幕!

その大きな注目は白鵬の連勝記録更新だが、本日2日目にしてまさかの連勝ストップ!
いつも期待ハズレの印象しかない?稀勢の里に上手く寄り切られ、惜しくも敗北を喫した。

大関魁皇は、同郷の後輩、琴奨菊との同郷対決を制し1勝目を上げたが、
筆者の見立てでは、これはおそらく琴奨菊はワザと飛んでいる。

地元という事もあり、その空気を読んだのかもしれないが、
立会いからの目線の運びなど、明らかにマワシを取りにいっていない姿勢が明快である。
魁皇の勝利は喜ばしき事だが、少なくとも筆者には不自然に感じられた一番だった。

同じく大関把瑠都は、豪快な「播磨投げ」を披露。

相変わらず相撲が上手とは言えない把瑠都だが、一旦マワシを掴むと恐るべき怪力を発揮!
あの絶体絶命の体勢から、技を出す際に見せた歯を食いしばる渾身の表情が印象的だった。

それにしても、白鵬の敗北は大きな衝撃である。

相応の緊張があったにしても、決して体の動きは悪くなかったように感じた。
それ以上に、今日の稀勢の里の相撲が素晴らしかったという事だろう。

筆者が観るに、その白鵬の敗因は「怒」である。

途中、組めない白鵬が短気になって大振りの張り手をかます場面があったが、
その姿は、まるでかつての朝青龍を思わせるようだった(笑)

しかし、白鵬には朝青龍のような荒ぶる相撲は真似出来ない。
朝青龍は「怒」を「力」に変える事が出来る、数少ない天才だからである。

「善戦者不怒」

勝負の基本的な鉄則は「決シテ怒ラズ」である。

その昔、大関栃東は、対戦相手の激しく執拗な張り手を何発も食らいながらも前進し、
出血して血まみれになりながらも、そのまま張り返す事なく寄り切りで勝つ相撲を見せた。
さらには、その土俵下に落ちた相手に手を差し伸べるという美しい姿も見せた。

白鵬は、勝負の最中に冷静さを失った事が一番の敗因ではなかったか。
何にしても、気を取り直して明日からの本場所に挑むしかないだろう。

かつての将棋界では、七冠達成に失敗した羽生六冠王が、
誰もが不可能と考えていた再挑戦を見事に果たされ、七冠王に輝いた。

横綱白鵬も、まだ25歳。

諦めず、明日から再度の69連勝を目指して邁進して頂きたいものである。

拍手[8回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

負けたことがニュースになるのは強い証拠です。稀勢の里は期待しないと強い?(でも朝青龍戦はおもしろかったですが)これで大相撲も話題がなくなりましたね。双葉山の「69」は超えてはいけない神の領域なのかも・・・
>昨日、二日目のお客の少なさ、相撲人気の衰退も原因ですが、不景気だからですよ。菅総理は稀勢の里を見習え!
  • mihiro
  • 2010-11-16 21:38
  • Edit

mihiroさん

コメントありがとうございます。

白鵬が敗れた瞬間、平日で客入りがハンパなく少なかったあの館内に、
まさしく割れんばかりの大歓声が響きました。

もし、あれが満員状態で、しかも相手が魁皇だったとしたら、
おそらく福岡国際センターの天井は吹き飛んでいた事でしょう(笑)

横綱白鵬の、これからの益々のご活躍を祈念したいと思います。

ところで「稀勢の里」は、この歴史的な勝利で確変する事が出来るでしょうか?

う~ん、過去これまで、幾多にも及ぶ期待ハズレな仕打ちを受けてきた状況から推測しても、やっぱり次代を担う力士は、彼ではないような気がしますな~(笑)
  • 2010-11-16 22:08

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ