忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「棋具王」

我が身辺の業界?には「E氏」という愛棋家が存在する。

筆者も日頃から親意に接して頂き、大変お世話になっている方だが、
とにかく、盤・駒などを始めとする数々の将棋関連コレクションたるや、
我々の仲間内では、間違いなく群を抜く凄さである。

現在では「全盛期の勢いは通り越した」と言われる氏だが、
その将棋への並々ならぬ深い情熱は、ただただ感心させられるばかりだ。

当然ながら、全国にはまだまだスゴイ「怪物級」のコレクターの方々もおられるが、
氏の本領は棋具のみにあらず、棋士や連盟など将棋関係者との深いパイプにある。

羽生名人や渡辺竜王などとも面識をお持ちで、両先生とも氏の名前はご存知だろう。

これほどまでに情熱的な愛好家は、連盟や将棋界にとっても大変崇高な存在ではないか。
筆者も、氏と行動を共にさせて頂いた事で、様々な方とのご縁を賜ったものである。

棋具への情熱では、他を圧倒するほど類稀なる信念をお持ちの氏だが、
普段は大変に温厚で、他人への気配りにも富んだ心優しき人物である。

そんな氏だが、意外にも自宅へ来客を招いた事は無いと言う。

そんな秘密のベールに包まれた?氏の自宅に、筆者は訪問させて頂いた事がある。
「今まで来客は無い」と言われたので、筆者が強引に押しかけた格好だ(笑)

そこはまさしく秘境!、言わば驚愕の「将棋スタジオ」である!

「陣屋」など比較にならないほど、壁一面には棋士の揮毫色紙で埋め尽くされ、
その他、写真や書籍・資料などの数々に、筆者はブッタマゲテしまった。

元々はある分野の職人だった氏は、現在は休業されていて悠々自適の毎日・・
いやはや、全くうらやましい限りですな。。。

写真はそのスタジオにて、筆者が酔いどれ調子で撮影した一枚。
携帯カメラの為、光量不足によるブサイク画像にはご容赦を。。

オススメされた貴重な「黒柿」駒箱の四姉妹だが、
これだけでも、結構なヒト財産であるのがお分かり頂けるだろうか。

手前の「隅丸」が名工・奥山師の作品で、当然ながら一級品だが、
右の角箱の材もなかなか素晴らしい。もし、これも隅丸造りだったら・・・

などと悠長にこんなコメントをしている筆者の棋力は、相変わらずだったりするのである。。。

拍手[9回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

黒柿のこ駒箱四点の内隅丸は制作した記憶があります。E氏のほかに共材のひとつは北陸のI氏、大阪のH氏、大阪のT氏、青山大のS教授、ある鑑定家のW氏、展示会でT氏とI氏、と合計八個制作しています。同時に角箱も制作しましたが、こちらの記録はありません。ただひとつ大阪のT氏に渡った記録がありました。 懐かしい作品に巡り合えて嬉しいです・有難うございました。

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ