忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「把瑠都」

大相撲初場所は、13日目にして大関・把瑠都の初優勝。

結びの白鵬が、まさかの不覚!
その直前に把瑠都が琴奨菊を貫禄の力相撲で破った為、なんともあっけない終幕となってしまった。

しかし、本日に限っては琴欧州・琴奨菊両力士の相撲も讃えたい。

琴奨菊はいつものようにガブるだけではなく、把瑠都に上手を与えないよう巧みな腕使いを見せ、
いつもは淡白な琴欧州も、最後の足取りを絡めた厳しい詰め寄りなど、大変素晴らしい集中力を見せた。

それにしても、現在の大相撲を賑やかせているのは、相変わらず外国人ばかりである。

新大関・稀勢の里も、まだまだ安定感が薄いような印象も否めない。
一体、日本人の大和魂はドコへいってしまったのか。

ただ、今場所の幕内では「妙義龍」(兵庫)が先場所から引き続きの好調。
十両では、現在単独トップを走る「千代大龍」(東京)が快進撃。
幕下では「佐久間山」(東京)の27連勝など、明るい兆しも垣間見れるように思う。

今回、把瑠都は初優勝を成し遂げたものの、相撲内容はまだまだ横綱の域ではない。
まだまだ筆者は、外国人ならではの恵まれた体型と、ズバ抜けた怪力が成せる荒技に過ぎないと感じている。

写真は、本日の大相撲放送終了時の一コマ。
いかにも外国人らしい把瑠都の顔芸?パフォーマンスである。

表情豊かな「把瑠都らしい」“茶目っ気”とも言え、筆者は特段違和感を覚えないが、
お難い識者の中には、これを「品が無く不快」と感じる方もおられるのではないだろうか。

激しい言葉になってしまうが、筆者は「勝負の世界は実力のある者が絶対的な権威者」だと思っている。
先の朝青龍問題と同じく、こんな傍若無人振りが憎いと思えば実力で勝ち取るしかない世界である。

将棋界は、コンピューターの脅威に迫られながらも、棋士達は必死に戦い続けている。

日本の国技「大相撲」においても、日本人力士は外国人力士との体格差などに負けない、
日本人らしい“業師”相撲を磨き上げ、権威を取り戻して頂きたいものである。

拍手[2回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

夏目アナが好き

「マツコ&有吉の怒り新党」で<三大・舞の海>が おもしろかったですね。あんな小さい力士が大きい力士を倒すのだから そりゃ盛り上がります。が 舞の海、ほとんど負けてて時々あんな相撲があった ってゆうのが事実。やはり相撲は大きいほう有利。   
  • けいちゃん
  • 2012-01-26 17:49
  • Edit

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ