忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「波乱は続く」

横綱・白鵬!ナンテコッタの3敗目!

白鵬の連敗はしばらく記憶に無い。
やはり筆者の見立て通り?どこかおかしいのか?

しかし、大関・魁皇にとっては貴重な7勝目。
こちらは残り2日間で、無事勝ち越しを果たして頂きたいものである。

一方の朝青龍は、琴欧州を鮮やかな「かいなひねり」で一蹴!

この人は、ホントに技の引き出しが多い。
まさしく、将棋界で言うところの「オールラウンドプレイヤー」である。
運動神経抜群で、きっと他のスポーツや格闘技分野でも相当の実績が残せるだろう。

しかし、横綱決戦を前に優勝が決してしまうのはなんとも味気無い。
明日の大関・日馬富士には「3連日の波乱」を大いに期待したいところである。

ところで、本日の新聞各紙で「朝青龍泥酔事件」が報じられた。

いかにもこの人らしいニュースで、「またか」と思わせる内容だが、
本業ではしっかり成績(単独トップ)を示しているのが憎たらしい?ところ(笑)
色々と賛否両論もあるところだが、筆者は別に否定的ではない。

勝負の世界は、実力が全てである。

「品格公正」も大事だが、そんな全てが完璧なロボットみたいな力士はいりません。
ある程度の人間味があったほうが楽しいし、強者が多少元気がよいのは不自然ではない。
そんな事ばかりにこだわるから、大相撲界で日本人は勝てなくなったのではないか?

「こんな傍若無人な奴は許せない!」と言うならば、本業で倒せばよい。
「日本国技の品格」を守りたければ、品格公正な日本人力士が
実力で朝青龍を横綱から引きずり降ろせば良いのである。
横審などの過敏な反応は、いつも「負け惜しみ」のように聞こえてならない。

ところで、写真は今場所惜しくもケガで途中休場となった「時天空」関。
取り組み前の凄まじい「鬼の形相」だが、筆者はこの表情がとても好きである。

時天空関は高学歴のインテリで、普段はとてもにこやかで笑顔のやさしい力士である。
ところが、勝負の前になると表情が一変し「鬼の形相」になる。

このメリハリが大好きで、まさしく「気はやさしくて力持ち」という、
昔ながらの力士の良き象徴のような人だと思っている。

拍手[3回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

白鵬は昨年ほとんど負けなかったので3敗もすると意外な感じがするのでしょう。日馬富士戦はポカ、魁皇戦は昨日の負けを引きずって集中力が切れた、ってところでしょうか。
朝青龍、バルトをブン投げたのも豪快でしたが 今日の腕捻りも滅多に見れない大技でした。こうゆう大相撲があるとテレビを観てて思わず声が出ますな~なんだかんだで朝青龍が一番おもしろい
  • キラーカーンのモンゴリアンチョップ
  • 2010-01-22 23:56
  • Edit

キラーカーンさん

コメントありがとうございます。
白鵬戦の分析、なるほどです。

朝青龍の身体能力は、やっぱりハンパないですね。
あの人は、ある程度「自由」にさせといたほうが面白い相撲を見せてくれる気がします(笑)

何かと規制、規制の世の中にあって、あの傍若無人の行動や強さを見ていると、大変スカッとして気持ち良くなりますね。

さてさて、明日はどうなりますことやら。。。
  • 2010-01-23 00:27

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ