忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「蒔絵」



『狐と狸の化かし合い』

実はこれ、漆器の駒箱に描かれた珍しい蒔絵である。

駒箱と言えば、現代では「島桑」「楓」「栃」「黒柿」など、
さまざまな銘木材から造られる作品が主流のイメージだが、
昔は「盤」の側面も、蒔絵で装飾されていたものもあるように、
古い時代には、このように漆器に装飾された駒箱も珍しくない。

木肌の美しさをそのままに楽しむ、近代主流の作風も魅力的だが、
駒の盛上げにも用いられる「蒔絵筆」を、本来の用途に描かれた絵柄もまた、
ノスタルジックな味わいをも感じ、実に楽しいものである。

ところで、将棋を『化かし合い』と形容するのは如何なものか?

将棋は他のゲーム性と異なり、持ち駒などは全て盤上に晒すなど、
偶然性の要素も極めて低い、正々堂々たる勝負である。

筆者は、写真の蒔絵を以下のように解釈する。

「狐と狸が『化かし合い』の勝負を演じ、結局「マヤカシ」では勝負がつかずと、
 真の実力勝負である「将棋」に切り替えた」

このように、見る者の想像を多様に掻き立ててくれるのも、
蒔絵の持つ、ひとつの楽しい醍醐味ではないだろうか。

拍手[4回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ