忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「杢」



竹風師が盛上げ駒に使用する駒木地は、揃いも良く美しいものが多い。
しかしその師でも、プロ棋士の対局用として連盟などに納品される駒は、
おとなしい柾目系がメインであると言う。
以前から「個人的には柾目系の駒が好きだ」と唱えてきたが、
やはり使用目的の所有であるが為、この点、連盟との同一見解はうれしいものである。
写真の駒の曰ある話もあるが、
分かる方には分かる話なのでここでは割愛させて頂きます。


ところで先日、ある場所にてアマチュアの普及活動をされている方との談話の機会を得た。

「我々アマチュアの場合は、プロ棋士のように長時間にわたり指す事もないので、
模様の強い駒木地でも大した影響は無いです」
「かえって派手木地で指す方が、華があって楽しめるものですよ」

なるほど!と、思わず感心してしまった。

早速自宅に戻った後、普段あまり使用しない「杢木地」駒にて将棋を指してみる。

「う~む、たしかに美しい。。」
「盤上も華やかで、気合も入るなぁ。。」
「よし!今からもっとこの駒で指そう!」

しかしその夜、布団の中で棋譜を頭に思い返してみるが、イマイチ鮮明さに欠けている。
やっぱり慣れの問題もあるし、つい見惚れてしまうなど個人差もあるのだろうか。

「いやいや、歳のせいですよ」

と、実は駒に笑われていそうで悲しい、ある晩冬の出来事でした。。。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

見事な盤・駒ですね。こちらではこういうものを売る店がないので、多くの将棋ファンは本物をさわる機会がありません。多少仕入れて使ってもらっています。仲間が増えることを祈っています。
  • 秀楽
  • 2009-02-26 22:04
  • Edit

秀楽さん

コメント、ありがとうございます。
掲載写真のすべてが私の所有物という訳ではありませんが、あまり良いモノばかりを見すぎるのも、目が肥えてしまって思わぬ弊害が生じます(笑)
※詳しくは過去の記事をご参照ください。
最近では、この世界からセミリタイアして「指し将棋」を鍛え直そうと考えている次第です。
また是非、コメントください。
今後ともよろしくお願い致します。
  • 2009-02-28 01:09

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ