忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「座頭市」

「将棋界の一番長い日」こと“A級順位戦最終局”は、現・タイトルホルダー(二冠)と、佐藤康光九段以来となる名人経験者の陥落という、相変わらずも厳しき結末にて終了した。

ただ、今回に限っては、8戦目で既に“名人挑戦者”が決定していたので、個人的には、若干盛り上がりに欠けた感も否めない。

しかしながら、羽生二冠の史上3人目となるA級順位戦全勝優勝は、まったく末恐ろしい記録である。
2年連続での「永世名人対決」となる今年は、今から期待が膨らむ楽しみなシリーズと言えよう。


ところで、言わずもなが筆者宅の「ブルーレイレコーダー」は、“将棋”というキーワードを含む番組を全て自動録画している。

先日、ふと録画一覧を見ていると「座頭市」が録画されていた。

以前から「水戸黄門」や「ドラマ」など、将棋をテーマにした内容はことごとく録画されていたので、今更珍しくもない事だが、その「座頭市」を何の気なしに観ていると、ナント「内藤国雄」先生が出演されているではないか!

「いのち駒」と題されたそのストーリーは、ヤクザの賭け将棋対決が舞台。

凄腕の将棋指しを演じる内藤先生が、暴漢に襲われ、盲目の座頭市が代指しを務めるという、何とも有り得ない設定が面白い(笑)

まあ、それでなくても“勝新太郎”演じる「座頭市」は、今更ながらかなり面白いものである。
以来、BSで再放送されているシリーズは、欠かさず録画して観るようになってしまった。

そして、元来よりの“凝り性”である筆者の勢いは止まらず、座頭市の「仕込み杖(模造刀)」まで購入。
相変わらず馬鹿一色、ヤリタイホウダイである。

ちなみに、その仕込み杖は“登録商標品”だけに完成度も高く、中々イイ物である。
そのうちいつか、将棋駒とコラボで本ブログにも登場する事になるでしょう(笑)

拍手[6回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

僕も「新・座頭市」見てます。 

勝新、殺陣が、かっこいい。そして飯を食うのが、かわいい。でも殺陣は兄・若山富三郎のほうが名人らしいね。
現代のテレビ番組より、よっぽど おもしろい。
  • けいちゃん
  • 2012-03-06 21:48
  • Edit

けいちゃん さん

コメントありがとうございます。

まさに同感です。
現代版のリメイクされた数々の「座頭市」には、まったく魅力を感じません。

あの“演技力”は、さすが「勝新の代名詞」と言わしめるだけの事はありますね。
海外では、「おしん」と並んで、日本の名作時代劇と評価されているそうです。

それにしても、「勝新」は、まさしく「役者バカ」
これだけ自分を捨てたような演技が出来る役者は、現代の日本にはいないのではないでしょうか?

あらゆる意味で、良い時代でした。。。
  • 2012-03-07 22:09

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ