忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「八百長」

大相撲界が、また大変な事になっている。

「朝青龍泥酔暴行騒動」に始まり、「力士暴行致死事件」「野球賭博問題」と、
まあ、次から次へと、呆れるほど不祥事が尽きないものである。

ただ筆者は、元々上記3件については、あまり遺憾の念は抱いていない。
むしろ「マスコミの騒ぎすぎもあるのではないか」と、若干の同情心すら持っている。

今回の「八百長」についても、多少の有無はある程度想像されていた事である。

しかし、これが多額の金銭が絡む上に、乱発的に常習化されていたという話では、
さすがに悪質性も高く、これを黙認・擁護する訳にはいかない。

大相撲は、日本の国技・文化である。
さらには「真剣勝負」という側面が、最大の魅力だと言えるだろう。

八百長の出来レースを観る為に、我々は高い金を払っているのではない。
それなら、初めから「SHOW」と解って楽しむ一部のプロレス観戦の方がマシである。

今回の問題は、大相撲界にとって、過去に無いほどの重大な問題となるだろう。
劇的なるファン離れは、もはや必至である。

春場所は間違いなく中止。
仮に5月場所で謹慎が解除されたとしても、客足は激減すると筆者は予想する。

果たして、横綱・白鵬だけの一枚看板で、大相撲界は無事に再建出来るのか。
こうなってみると、「朝青龍」の存在が、一際光り輝いて思い出されてしまうのは、
筆者だけだろうか(笑)

トニモカクニモ、今後の大相撲界の動向を、静かに見守ってみたいと思う。


ところで、将棋界にも「八百長」は存在するのだろうか?

「棋譜」いう記録が残される上に、瞬間の勝負ではないので不正はされにくいとは思うが、
大相撲と同じく勝負の世界である以上、金銭絡みの「八百長」とまでは言わないまでも、
多少の「無気力」対局の存在は、完全には否定出来ないかも知れない。

しかし、将棋界には古くより、

「自分にとって消化対局であっても、相手にとって重要な対局の場合、
 その勝負は、全力で勝ちにいかなければならない」

と言う、美しき「米長哲学」が存在する。

これは将棋以外でも通用する言葉であり、筆者も大変好んでいる哲学である。
事実、勝ち上がりトップに君臨する者は、必ずや強い「運」に恵まれている。

「正直者がバカをみる」ような世の中ではいけない。
世の中、何の世界でも、結局は真面目に取り組んでいる人間が一番強いのである。

筆者はこれまで、「将棋」から実に多くの事を学ばせて頂いたと思っている。

感謝!合掌?

拍手[11回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

個人的な感想

大相撲界とゆうのは昔からやってる事は変わってない。なのに携帯メールで八百長がバレタ。最新のハイテク機器で致命傷を負ったとゆうのも皮肉なもんです。八百長に証拠が残るとは思ってもみなかったんでしょう。
(ここからは擁護)相撲界とゆう同じ仲間内でやってる世界なのですから星の貸し借りはあります。思いやりもあります。まして十両以下は給料無しらしい。全部ガチでやってたら死にます。相撲は やってる人は仕事。観る人は娯楽。公益法人やめて ①興行会社になるのがいいんでしょうが、おそらく潰れるでしょう。国から保護されないと相当、厳しいと思います。潰すのは簡単ですが もう二度と元にはもどりません。
最後に不景気だから こんなことになるんや。
  • ごっつぁんです
  • 2011-02-06 23:08
  • Edit

ごっつぁんです さん

コメントありがとうございます。

本日、本場所の無期限中止が決定しましたね。

コメント頂いた「個人的な感想(擁護)」について、当方の意見を述べさせて頂きたいと思います。

まず「思いやりからの星の貸し借り」について、これは私も多少は同意出来ます。
しかし、いくら無給だからと言って、多額の金銭の授受が慣例化されていたのでは、
ファンとして納得する訳にはいきません。

「ガチなら死にます」結構じゃないですか。それこそが真剣勝負です。
本来、勝負の世界とは、それほど厳しいものであると思います。
だからこそ観客は魅了されるのではないでしょうか。

次に「法人化」について、相撲協会にはかなりの蓄えがあるそうですが、
国の管理下にないと興行が成り立っていかないのは在り得るかもしれませんね。
本場所の客入り状況が、それを物語っていると思います。

しかし、協会が「公益法人化」になり、国民の血税が使われる事は、
現状の体勢が改善されない限り、とても承認出来るものではありません。

「この勝負で、俺は死ぬかもしれない」
そんな厳しい勝負の世界を望みます。

最後に「不景気」の話。これは矛先が違います。
「民主党」にキレましょう(笑)

  • 2011-02-07 00:09

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ