忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「自論他論」

横綱・白鵬が、ついに千代の富士の「53」連勝に並ぶ。

しかし、その大記録の達成を余所に、意外にも世間の反応は冷ややかだ。

「千代の富士の時とは、周りの環境が違う」
「所詮、外国人が達成したところで嬉しくもない」
「朝青龍がいれば、達成出来なかっただろう」etc・・・

これらの感想の数々には正直言って少々驚いたが、
やはり、大麻や野球賭博の傷跡が完全には癒えていない象徴なのだろうか。

そこで、筆者としての個人的な見解を少し述べさせて頂きたい。

まず「千代の富士との時代の相違」についてだが、当時は東西両横綱も在位し、
小錦などの超大型力士も活躍している環境でもあり、一理あるかもしれない。

ただし、「外国人批判」についてはイタダケナイ。
だらしないのは日本人力士である。

このような差別的な発言は、筆者の好みではない。

最後の「朝青龍との比較」では、白鵬は彼が引退するまで本割では7連勝中だった。
確かに白鵬の相撲は本筋で、その内容の面白さでは圧倒的に朝青龍に軍配が上がるだろう。

しかし、勝負の世界では「結果」こそ全てである。

「もし、朝青龍が真面目に相撲に取り組んでいたら・・」と言うのは、
「もし、升田先生が丈夫な体で酒に飲まれなかったら・・」という理論に等しい。

白鵬(大山)の実力と、朝青龍(升田)の人気。

それぞれの魅力は各人のスキズキだが、いずれにしても歴史に名を刻む事は大業である。
最近の白鵬の相撲は、むしろ以前のような野暮さも薄れ、筆者としては嫌いではない。

多衆から認められる事は、勝ち続ける事でしか得られない。
果たして、この連勝記録は一体どこまで伸ばされるのだろうか・・・。

筆者としては、静かに見守っていきたい心境である。

拍手[5回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

大相撲

白鵬は良い横綱ですよ。記録をどんどん塗り替えるでしょう。ただ語る事がない。こうやって文章を書いてても「強い」「安定してる」としか出てこない。朝青龍の人気の半分は「嫌い」とゆうアンチ派でした。ただ白鵬は「好きでも嫌いでもない」「関心がない」といったところではないでしょうか。これは白鵬以外の力士の責任でもあります。
  • アマ馬券師
  • 2010-09-18 23:54
  • Edit

アマ馬券師さん

コメントありがとうございます。

こないだ飲み屋に行ったら、オネーチャンが「白鵬」を知りませんでした(笑)
驚きましたが、悲しくもあったエピソードです。。。
  • 2010-09-20 03:35

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ