忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「2ちゃんねる」

第五十一期王位戦第五局は、3日目となる深夜にまで及ぶ大激戦!
最後は挑戦者・広瀬六段が△7七香とカッコ良く決めて、初のタイトル獲得に王手をかけた。

一方、激戦空しくも敗れてしまった深浦王位だが、
過去には3連敗からの4連勝防衛を果たされたほどの実力者である。

このままスンナリ失冠してしまうとはとても思えない。
続く第六局以降の「陣屋」決戦を、大いに楽しませて頂きたいものである。


それにしても毎度感じる事だが、将棋とはホントに「体力」が要である。

棋士は、順位戦などで深夜対局には慣れているとは言え、
精神的にも、長時間、緊張を維持し続ける事は中々至難の業だ。

今更ながら、まったく良いモノを見させて頂いたと感じた。
まさしくこれは、今年のベストバウト級の対局だったのではないだろうか。


ところで、筆者の棋戦などのパソコン観戦スタイルについて。。。

観戦には、主催サイトの棋譜中継はもちろんの事だが、
筆者は、画面を左右に分割させて「2ちゃんねる」も表示している。

当然ながら、対局中の現地控え室ではさまざまな検討が行われている。

「2ちゃんねる」でのリアルタイムなコメントには、おそらくはプロか、
あるいはプロに準ずるレベルのような解説もあり、中継画面とリンクさせる事により、
自宅に居ながらにして、然も現場にいるかのような臨場感を体感できるメリットがある。

しかし、中には全く意味不明なコメントや、棋士や書き込みに対する誹謗中傷など、
心無い内容が見られる事は、悲しくも鬱陶しいのは仕方が無い。

「匿名の掲示板で他人を非難する事は卑怯である」と言う意見がある。

言われてみれば当然の意見だが、逆に匿名だからこそ述べられる意見もあるだろう。

世の中、なにもすべてが「透明化」される事が理想ではない。
案外にも、匿名の意見の中に本質があるかも知れない。

不必要なモノを除外し、自分にとって有効な情報のみを吸収できる事は技術である。
そう考えると「2ちゃんねる」の膨大なる情報は、筆者にとって大変有効なツールである。

「人間万事塞翁馬」

まさに「モノは考え様」というワケですな(笑)

拍手[9回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

【管理人】
歩兵

【趣味】
将棋全般・カメラ・書道

【自己紹介】
将棋盤・駒・棋具に精通?
几帳面な性格?のO型。
愛機はD300(Nikon)


←☆管理人へメール☆

PR

最新コメント

[09/17 秋吉]
[09/16 hisanobu etou]
[09/05 まるちゃん]

ブログ内検索

※当サイトに掲載されている記事や 写真等の無断使用は禁止致します。

バーコード

アクセス解析

忍者アナライズ